お絵描き(イラスト)は、デジタルで描く方法とアナログで描く方法があります。
どちらも長所短所がありますね。
今日はそれを考えていきたいと思います。

いまはデジタルお絵かきの機材も入手しやすい価格になってきたので、デジタルでもアナログでも、どちらから初めても良いと思います。

私は学生時代から絵の勉強をしていましたので、アナログから入った人間ですが、現代だとデジタルから入る人も多いと思います。
今では両方を楽しんで描いています。

絵の描き方の基本になる部分は、アナログでもデジタルでも一緒ですが、やはり描いていく上で変わってくる、それぞれの長所短所があります。

下記にそれぞれの、私の経験からの見た利点・長所、短所をまとめてみました。
これからはじめたい方の参考になればと思います。

↓絵の具は選んでいるだけでテンションがあがります!

デジタルの場合

デジタルイラストの作画は、今ではアプリケーションソフトがたくさんあります。
無料ソフトなどはじめやすいものから、有料でプロも使うアプリケーションなど。
代表的な物は下記のアプリケーションです。

  • クリップスタジオペイント(有料)
  • SAI(有料)
  • Photoshop(有料)
  • ファイヤーアルパカ(無料)
  • メディバンペイント(無料)

などなど…
他にも様々なアプリケーションがあります。

クリップスタジオペイントで描いたミクさんセーラー服↓

利点・長所

  • レイヤー機能が便利。
  • 左右反転や回転での調整(デッサンの狂いをチェックするために行います)が楽。(アナログだとトレス台などで照らさないと見えないし、その上修正作業が大変。)
  • アンドゥがある。(やり直しができる)これが非常に大きいメリットですね。
  • PCやタブレット端末などのみなので、道具や紙類がかさばらない。道具や画材をしまう場所をとらない、また、細かいものが少ないため、なくさないで済む。
  • 画材が減らない。(PCは初期投資がそれなりですが、かなり長期的なトータルコストで考えれば安く感じることも多いと思います)
  • こまかい所をとことんまで描き込める。
  • データなので人との受け渡しがカンタンだったり、SNSなどに掲載するのも楽。
  • ピカピカ光らせたり、乗算で色を重ねたりなどアナログでは表現できない効果が使える。

欠点

  • アプリケーションはメモリ大量に消費するものが多く、とくに印刷用サイズを描く場合はデータも大きくなりがち、つまりPCスペックがそれなりに必要。(初期投資がそれなりの金額になる)
  • PCやタブレット端末、液晶タブレット等の機材、アプリケーションソフトなどを購入しないとならないため、はじめるまでの初期予算がそれなりにかかる。
  • 高機能なアプリケーションになればなるほど複雑で、操作を覚えるまでの時間がかかる。

アナログの場合

アナログの楽しさは、デジタルでは出せない味わいがあるのが最大の長所だと思います。
画材を使う楽しさもあります。

利点・長所

  • アナログ画材にしかだすことができない、仕上がりの味わいが深くなる。アナログにしかない味がある。
  • 個性が出しやすい。(差別化が出来る。デジタルは割と人と同じような感じになりがち。)
  • 清書や塗りは失敗しづらいため、常に適度な緊張感で描ける。集中力が必要なので、必然と画力が鍛えられます。
  • 物理的に残り、世界でひとつの作品になる。
  • タブレット端末類と違い、外出時もバッテリーを気にしなくて良い。
  • 物理的に画材を選んだり、使うための特有の楽しさがある。
  • デジタルより手軽にはじめられる。(画材を選べば、初期投資のお金も抑えられる)
  • 個人的には画材の使い方や、混色、作業の順序も描いている間に常に考える必要があり、デジタルとは描いている最中、脳を使うところがちがう気がする。

欠点

  • 画材ごとの使い方を練習・勉強する必要がある。使いこなすには練習が必要。
  • 失敗すると致命的になる場合がある(アンドゥがないのでやり直せない)
  • 乾かしたりなど、描いていない時間も必要。

以上、まとめてみました。

他にも色々あると思いますし、経験によっても長所短所はあると思います。

いずれにせよ、自分が入りやすい方からはじめるのが良いです。

今は、デジタル全盛の時代なので、デジタルお絵描きも以前よりは機材の価格も下がって、はじめやすくなりました。

アナログなら、鉛筆一本からはじめられますし、気軽さは昔と変わりません。

まずは何か描いてみるところからはじめると良いですよ!

よかったら下記の記事もあわせてどうぞ。