こんにちは、@vesper です。
今日は、2018年10月30日、Appleのイベントで発表された機種について、考えてみたいと思います。

今回の目玉は iPad Pro と Macbook Air ですね。
イラストを描く用途と、デザイン作業に使えるか?という側面から、購入するかどうか?を考えてみたいと思います。

iPad pro

過去モデルとの違いですが、まず見た目が大きく変わっています。
ベゼル(ディスプレイ部分の周囲のフチ)がかなり狭くなりました。これは世界のトレンドですね。

本体のスペックも全体的に旧製品より良くなっています。
それに加え、ApplePencilのバージョンアップが、「ああーこういうの求めてた!」と思えるような、とてもイイカンジのアップデートです。

今回は、おそらくクリエイティブ職向けのアプローチが強いと考えられます。
タブレットでイラストを描きたいとか液晶タブレットが欲しかったという人、アートやデザインのラフを作るために使いたいなどの用途でしたらピッタリです。

かなり個人的にも購入意欲を刺激しましたので、11インチ+ApplePencilを予約しました。

逆に… クリエイティブなことをしない人にはあまり必要ないかも知れません。
価格自体は他のタブレット端末と比べると高価な部類ですし、単に動画を見る、SNSを見るなどの用途でしたら、他のタブレット端末も検討しても良いかもしれないですね。

本体サイズ

サイズが従来通り2種類。
画面の大きさの違いで、11インチ、12.9インチがあります。

以前のモデルでは、10.5インチと12.9インチでしたので、小さい方はすこし画面の大きさ自体は大きくなっています。
大きい方は画面の大きさは変わらないですね。

本体の厚み(薄さ)

また実物を見てないので実感できないですが、スペック表をみると、厚さが1ミリ薄くなっています。

この1ミリですが、おそらく手に持ってみるまでは実感できないのですが、かなり薄いと感じるのでは、と思います。

過去モデルのiPadProでも6.9ミリではじめて持ったときは薄くて軽いと感じましたがそれよりもさらに薄いので、実機にとても期待です。

あまり薄すぎると、持ち運びする時、曲がらないか心配になってしまいますが…

ベゼルとノッチなし

今回の非常に良いなと思う点ですが、ベゼル(画面の周りのフチ)がすこし狭くなっている事です。

また、邪魔になるノッチ(切り抜き)部分がないこともとても良いですね。
iPhoneXでは画面上部にあるカメラなどのためフチが画面内に出ている部分です。

余計な部分が無いことで、画面の気になる点が減りますので、様々な作業、もちろんクリエイティブの作業に向いていると思います。

ベゼルは、スマートフォンでは端までない機種もありますね。
個人的には少しだけベゼルがあった方が、誤操作しづらいので、良いと思っています。
今回のiPadProはそれで言うとちょうど良い気がしますが、触ってみるまでちょっと保留ですね。

ホームボタン廃止

ホームボタンが廃止されました。

ホームボタン廃止に伴い、指紋認証がなくなりましたので、代わりにFaceIDが搭載されています。
iPhoneXから、ホームボタンはなくなる傾向にありますが、初期は賛否両論でした。

今では慣れてしまった人も多いと思います。

私も初めは使いにくいなあと思っていましたが、徐々に慣れました。
なので、使えば使うほど気にならなくなるでしょう。

USB type-C

電源供給など、コネクターがUSB type-Cになりました。
個人的にはThunderboltよりはこちらの方が好みです。

ですが、USB type-Cのケーブルやアダプタなど周辺機器が無い方は改めて購入する必要が出てきますね。

オプション品 ApplePencil、Smart Keyboard Folio

今回はオプション品も変わりましたね。
とくにApplePencilは良い感じです。

ApplePencil 第2世代

iPad本体の横側(長辺)に磁石でくっつくようになりました。しかも、くっつけて充電もできるようです。

イラスト制作にiPadProを検討されている方は、ApplePencilは必須です。
過去のApple Pencilだとおそらく今回の新しいiPadProには使えない可能性もありますので、新しいものでのセットの購入がお勧めです。

旧製品は、ペンシルの後ろにあるフタをとって、さらに、アダプタをつけて充電する必要がありました。
そのため、フタを無くす人が多数いたようです。(私はフタをセットできるカバーを購入しましたので無くしていませんが)
そのため、充電はかなり煩わしく感じる人も多かったのではないでしょうか。

そのほか、不満点と言えばApplePencilは重心が後ろ側で重たいことと、ペンの本体はツルツルで滑りやすいことでしたが、その二つは今回のアップデートでは解消されて無さそうな気もします。

Smart Keyboard Folio

iPad pro 本体にくっつけるキーボード。
昔はお風呂のフタみたいと言われていました。(今も?)

今回は、11インチ用、12.9用があります。値段も違います。
見た目も少し変わったようですね。
スマートキーボード自体を私自身は使ったことはなかったのですが、今回はかなり使いやすそうなイメージもしています。
こちらは購入するかどうか検討中です。

デジタルイラスト制作液晶タブレット代わりに

デジタルイラスト制作に、iPadProを使用したい人にとっては、旧製品もそうですが、iPadPro+ApplePencilのセットは非常にオススメです。

高価な液晶タブレットと比べても性能自体には遜色なく、液晶タブレットの入門には最適な機種と思います。

性能に関しては以前の機種では、イラスト制作に関しては私はあくまでイメージラフ、ラフ制作用でした。
メモリの問題で、どのアプリケーションでもレイヤー枚数が絶対的に少ないため、PCで行うようなデジタル作画は無理でした。

iPadProだけで仕上げまで行う人もいますので、使い方(イラストの描き方)の問題もあると思います。
厚塗りやアナログイラスト風のテイストならいけそうな感じでしたが、新製品はどうなんでしょうか。

下記の記事のような結果も出ていますので… 正直使ってみないとわからないですが期待出来そうです。

新型iPad Pro「ノートパソコンの92%より高速」は本当?比較結果が公開 – iPhone Mania

使うのが楽しみですね。

ビジネスでオススメの使用シーン

ビジネスシーンでは、打合せ等の際には、かなり良いのではないかなと思います。
図などをすぐ描いて、デジタルで保存できますので、使い勝手は良いですね。

個人のアイディアボード、スケッチにはもちろん使い勝手は良いと思います。

デザイナーであればアイディアスケッチ等には便利です。
またフロー図を書いたりするのにも良いですね。

メールやWeb閲覧等には便利

Smart Keyboard Folioさえあれば、ノートPC代わりになるので、とても便利に感じます。
Blogの原稿描いたり、SNS投稿も楽に出来ます。

また、動画サービスの閲覧なども問題ないスペックと思いますので、通常のタブレットとして使うのには汎用性が高いですね。

デザイン制作には使える?

正直いって、今のところ未知数です。
これは、本体の性能に加え、アプリ側の性能にも左右されます。

AdobeがiPadProでもデザインをバリバリできるようなニュースがありますが、今までもそう言われてきて、蓋を開けてみたら、実務には対応出来ないレベルだったことがほとんどです。

結局デスクトップの作業が一番良いには変わらないでしょう。

今回のスペックもタブレット端末としてはとても高いと思うのですが、RAMについては旧製品から大幅に増えているとは考えにくいためです。

なので、デスクトップPCと同じようにデザインをやる、というよりは、スケッチ、アイディアメモなどに使用する方が良いと思っています。

実際のところは該当するAdobe製品が出て、使ってみないとわからないですね。
個人的にはあまり期待してない方がいいかなと。

Macbook Air

薄いノートパソコンの代名詞ですね。
あえてAirの名前をつけてきたので薄さには自信があるのでしょうか。

イラストやデザイン制作に使える?

イラスト制作やデザイン制作等には率直に言って使えなさそうです。小さめのサイズのイラストを描いたりするにはいいと思います。
スペック的にデジタルイラストやデザイン作業をするには厳しいと思います。
ノートPCとしての性能自体は悪くないですが、クリエイティブの作業にはあまり向いてないです。

資料閲覧ブラウザ閲覧などに使うくらいに考えるのが良いPCです。
メール、文書作成、ブラウザでの作業などにつかうのがメインですね。

薄い&軽いので持ち運びに非常に便利ですので、外出が多く、外で仕事のやりとりをしたい、文書作成をしたい方向けのPCだと思います。

PCの新規購入を検討していて、イラストやデザインメインで使うならオススメできません。
iMacをカスタマイズするかWindowsPCでクリエイティブ向けのものを検討したほうが良いと思います。

Mac mini

Macminiに関しては、本体が小さいため、スペースがない方や、サブ機などに良いかもしれません。

イラスト制作には、そのままでは微妙なスペックですので、
カスタマイズをして、メモリを少なくとも16GB以上、ストレージ512GB以上無いと厳しいと思いますが、カスタマイズすると結局25万~30万になってしまいます。

この価格でしたら、選択肢がかなり増えるので、iMacをカスタマイズするとかWindowsのクリエイター向けPCもよいと思います。

また、Mac miniはモニターを別途購入する必要があり、本体だけでは使用できないです。
そのため面倒な方はiMacの購入を検討した方が良い気がしますね。

上記に上げた面からいうと、自分としては、イラストやデザインに使用するケースが思いつかないので、それほど選択肢に入らないPCです。

私の周囲でも欲しいと言ってる人があんまりいないですが、ネット情報だとmac miniの新製品が欲しいとの声はみかけますね。

まとめ

今回の発表で個人的オススメはやはり「iPad Pro」ですね。
イラスト制作や仕事で使えたり、動画閲覧なども簡単ですし、ApplePencilとセットの購入が良いと思います。
私もちょっと遅めになってしまいましたが予約しました。
到着したらレビューしてみたいと思います。