こんにちは、@vesper です。

今日は、Adobe Photoshop CC 2018年10月のアップデートで追加された新しいツール「フレーム」の使い方をみていきたいと思います。

新しいですが、使いやすそうな印象で使えるシーンはたくさんありそうです。

よかったら下記もあわせてご覧ください。

フレームツールを使ってみよう

フレームツールは、マスク作業がより簡単にできるようになったという印象のツールですね。

同様の状態は、レイヤーマスクなどを使用することで、過去バージョンのPhotoshopでも実現できると思います。

では、フレームツールをつかうメリットはなんでしょうか?
まずはそれを考えてみたいと思います。

フレームツールのメリット

フレームツールを使うメリットは、下記の点がまずは上げられると思います。

  • レイヤーパネルの表示がフレーム専用になる
  • はめ込む画像が自動的にスマートオブジェクトになる
  • はめ込み時適当なサイズに調整してくれる
  • はめ込んだ画像はフレームの拡大縮小にあわせて大きさ変更される

レイヤーパネルの表示がフレーム専用になる

どういうことなのかと言いますと、レイヤーパネルの表示が、今までは複数枚で表示されていたレイヤーが専用の一つで済むので、レイヤーの可視化がわかりやすくなっています。

はめ込む画像が自動的にスマートオブジェクトになる

スマートオブジェクトになると、画像が非破壊的になり、拡大縮小時の劣化が無くなります。
いままでも実作業ではスマートオブジェクトすることが多かったので、このステップが減ります。

また、確実にスマートオブジェクトに自動変換してくれるため、忘れることが無くなるのはありがたいですね。

はめ込み時適当なサイズに調整してくれる

はめ込むと、自動的にフレームのサイズに合わせてサイズを調整してくれます。
ほとんどの場合、はめ込む画像は大きめに作っておき、マスキングする際は縮小することになりますので、(微調整は行うとしても)自動的に縮小してくれると助かります。

はめ込み画像はフレームの拡大縮小にあわせて大きさ変更される

はめ込んだ画像は、フレーム側の大きさ調整がされるとそれに合わせて拡大縮小されます。
すこし大きくしたいor小さくしたいと思ったとき、フレーム上では自動的にリンクされているので、マスク部分と素材とで、別々に調整する必要がありません。
レイヤーマスクの場合、ベースのレイヤーとリンクしたりすれば良いですが手間が省けたりミスが減らせると思います。

今のところメリットとしてはこんな点が上げられると思いました。
他にもあれば追記したいと思います。

ちなみに、デメリットは特に思い浮かばないですね…慣れるまでの時間くらいでしょうか。

フレームの作り方

フレームの作成方法ですが、Photoshopになれている方ならば簡単です。

フレームの作成手順

フレーム作成の手順としては下記になります。

1)フレームを作成
2)フレーム内に置きたい画像を配置

まずフレームを作ってから、その後に画像を配置するという順番です。

フレームを作るには

ではフレームを作ってみましょう。
フレームの作成方法は、今のところ下記の3つ方法があります。

  • ツールバーのツールアイコンから作成
  • シェイプから作成
  • テキストから作成

ひとつずつ見ていきましょう。

ツールバーのフレームアイコンからフレーム作成

ツールバーのアイコンからフレームを作成します。
このアイコンから選択すると、「矩形(長方形)」または「楕円」のフレームが作成できます。

矩形か楕円かは、ツールを選択した後、画面上部のオプションバーで切り替えできます。

矩形か楕円を選択したら、キャンバスにドラッグすると、フレームを作成できます。

対角線上にバツ(×)マークが表示されていますね。
これがフレームの印です。

これでフレームが出来ました。長方形と楕円でほとんどのケース対応出来ると思います。

正確な数値で作りたい

Webデザイン等で、ピクセル単位で数値を合わせたい場合、プロパティ(属性)パネルを表示しながら作成すると楽です。
フレームで作成した後プロパティ(属性)パネルで数値を入力すればOK。

シェイプからフレームを作成

好きなシェイプからフレームを作ることができます。

1)シェイプを作成

好きなシェイプを作ります。

2)レイヤーパネルから「フレームに変換」

シェイプを作った後に、レイヤーパネル上で右クリックし「フレームに変換」を選びます。

レイヤーパネル上ではアイコン上でなくレイヤー名のアタリを右クリック(win)してください。
そうするとメニューが表示されますので、「フレームに変換」を選択してください。

3)フレームになったことを確認!

フレーム名(レイヤー名)をつけるダイアログウインドウが表示されますので、名前をつけて終わりです。

レイヤーパネル上でフレームの状態になったことを確認してください。
これでフレームが出来ましたね。

シェイプの編集についてはここでは解説しませんが、パスで自由に形を作って、シェイプにすれば良いので、どんな形でもフレームを作れますね。

選択範囲からフレームを作りたい場合、1度作業用パスに変換してから、シェイプにしましょう。

シェイプで作れる利点はパスで編集できますのでエッジの綺麗なままで形の編集や、拡大縮小ができる事です。

選択範囲からフレーム作成する手順は、レイヤーマスクと違ってひとつ多いですが、後々の編集ではフレームツールのほうが良さそうなシーンも多そうです。

テキストからフレームを作成

文字の形に画像を抜きたい場合に簡単にフレームに出来ます。

1)テキストツールで文字を作成

ベースになるテキストをテキストツールで作成します。

2)レイヤーパネルで「フレームに変換」

レイヤーパネルで、該当のテキストレイヤーを右クリックしてメニューを表示します。
(アイコン付近ではなく、レイヤー名付近を右クリック)
フレームに変換を選びます。

3)フレーム名をつける

フレームの名称をつけるダイアログが表示されます。defaultではテキストの文章が入っています。

4)作成完了

キャンバスやレイヤーパネル上でフレームの状態になったのを確認してください。
これでフレームが作成できました。

フレーム内へ画像の配置をしよう

フレームが作成出来たら、次に画像の配置をしましょう。
直感的な操作で画像の配置ができますね。

素材になる画像は下記の3つのケースがあると思います。

ローカルディスク(パソコン内)から配置

エクスプローラーなどのファイラーなどで、該当ファイルがあるフォルダを開いて、画像ファイルを、フレームまでドラッグすればOK。

自動的にフレーム内へ画像が配置されます。

リンクファイルにする場合、Altキーを押しながら配置します。

すでにドキュメントのレイヤーにある場合

すでにドキュメント上に画像がある場合、画像と同じレイヤーやすぐ近くのレイヤーにフレームを作成すると自動的に画像を選択してフレームなります。

ならない場合もあります。そのときは、レイヤーパネル上で、写真のレイヤーをフレームのあるレイヤーにドラッグすれば配置されます。

写真レイヤーは、スマートオブジェクトに自動的に変換されます。
レイヤーパネル上でレイヤー同士を合体させる操作ですね。

フレームを選択してからメニューで配置

フレーム作成し、それを選択した後、メニューから画像配置も出来ます。

メニューバー → ファイル → 「リンクを配置」または「埋め込みを配置」

を選択します。

そうすると、画像を選択するためにダイアログが表示されますので、配置したい画像を選んでください。
画像を選ぶと、自動的に配置されます。

レイヤーパネルのフレーム表示

レイヤーパネルでは、こんな表示になっています。


左のサムネイルがフレームの形状、右が画像素材のサムネイルです。
フレームには、配置した画像素材のファイル名が適用されます。いちいち名前つけなくて良いので良いですね。

パネルオプションでサムネイル表示なしにしているとこんな感じです。

ちなみに、フレームひとつで、ひとつのレイヤーです。
1つのレイヤーで2つのフレームにはなりませんのでご注意ください。

フレームを作ったあとの移動や編集

フレームを作成した後編集したくなった時のため、フレームの選択方法をまとめました。

フレーム+配置した画像を一緒に選択する

キャンバス上で、フレームを選択したい場合、
移動ツールでは Ctrlキー+クリックで選択します。

また、フレームツールを使っている際もクリックで選択します。
フレームツールを選択した状態で、キャンバス上のフレームをクリックすればOKです。

もちろん、レイヤーパネル上からでも出来るので、複雑なアートワークやレイヤー数が多い場合はレイヤーパネルから探しても良いと思います。
該当のレイヤー(フレームのレイヤー)をクリックすればOKです。

フレーム内の画像を選択したい

フレーム内の画像を選択する場合ですが、直感的に選択するなら、キャンバス上で、フレーム内の画像部分をダブルクリックするだけです。

上手く出来ない場合、ツールを移動ツールに変えて、Ctrlキー+クリックでフレームを選んでから、画像をダブルクリックしてみてください。

そうすると、画像全体の大きさが線で表示されますので、そのまま移動ができます。
縮小拡大したい場合、選択したまま変形(Ctrlキー+Tキー)などができます。

なお、レイヤーパネルから、画像素材のアイコンをクリックしても同じように画像だけ選択できます。

フレームだけを選択したい

フレームだけの選択は、1度フレーム自体を選んでから、さらに下記の動作をします。

  • レイヤーパネルでフレームのサムネイルをクリック
  • キャンバス上では、フレームの境界線をクリック

ツールを移動ツールに変えて、Ctrlキー+クリックでフレームを選んでから、フレーム境界線をダブルクリックしてみてください。
フレームツールを選択してから、フレームを選んで、境界線をクリックしてもOKです。

フレームと配置画像の選択時の表示まとめ

やってみるとわかるのですが、各要素を選択したときの表示が少しわかりにくいです。
まとめてみました。
(クリックで拡大します)

黒い太い線でフレームの周囲を囲った場合、フレーム+画像が表示されています。
画像を選択したときは、細い線で画像の大きさで線が表示されます。
フレーム自体を選択したときは、黒い太い線にバウンディングボックスの表示になり、頂点や辺の中央に白い四角(□)がつきます。

不安な場合や、うまく選択できない場合、レイヤーパネルで選択状態をなるべく確認した方が良いでしょう。

おわりに

思いのほか解説が長くなってしまいましたが、いかがでしたでしょうか?

フレームツールは使ってみると簡単に型抜き作業ができますので、とても便利です!
Webデザインや色々なデザインの制作工程で役立ちそうですね。

もしよかったら下記もあわせてご覧ください。

AdobePhotoshopCC のフレームツールは、2018年10月のアップデートで追加された新しいツールです。
Adobeのサイトのマニュアルは下記より閲覧できます。
Photoshop CC2019 で簡単にマスキングするためのフレームツール