こんにちは、vesperです。
今日はイラストメイキング(作画工程)をご紹介してみたいと思います。

  • 「イラストのデジタル作画工程を知りたい」
  • 「イラストはもう描いているけど、他の人はどうやって描いているのかな?」

今回ご紹介するのは、デジタルイラストになります。
題材は、アイドルマスターの事務員である音無小鳥さんにしました。
色塗りテクニックはそんなに無いですので作業の流れとして参考になればと思います。

そのほかのイラストの工程も別の記事でご紹介していますので、あわせてご覧ください。

作業環境

使用したソフト

私の場合は複数のイラスト制作用のアプリケーションソフトを併用しています。
ひとつのソフトでもイラスト制作は可能ですが、アプリケーション毎に機能や特徴が違うので、使い分けています。

  • ペイントツールSAI
  • クリップスタジオ
  • Photoshop

もし初心者の方は、有料ソフトをたくさん揃えるのは難しいと思いますので、どれかひとつを選ぶなら「クリップスタジオペイント」が良いと思います。

PC等

ペンタブレット Wacom Intuos Pro Mサイズ

PCはWindows10です。

キャンバスサイズ

解像度
A4サイズ 350DPI
横 2894ピクセル 縦 4093ピクセル
プリントサイズ 横 210mm 縦 297mm

ラフ

使用アプリケーションはペイントツールSAI、使用ツールは鉛筆ツール。

まずはラフからはじめます。ラフはアナログで、ノートなどにSketchすることもありますが、今回はラフからデジタルで描きました。

どんなイラストにするか考えながら、ラフを描いていきます。
音無小鳥さんのお誕生日イラストがテーマなので、最近ゲーム中で小鳥さんと会話したシーンを思い出しながら描きました。

ラフを描くときの色はその時の気分で変えますが、だいたいの場合黒か青で描いています。
今回は黒で描いています。
仕上がりの要素やイメージをざっくり描いていきます。
ここはイメージを固める作業なので、綺麗に描くよりとにかく手を動かします。

音無小鳥_下描き

線画

使用ツールは引き続き鉛筆ツール。

イメージが固まってきてラフがだいたい描き終わったら、線画を描いていきます。

引き続き鉛筆ツールで描きます。
といっても、鉛筆ツールで、ラフで描いた線を適度にまとめていくだけです。
この時点での線画は塗りで調整することも多いので、結構ざっくり描いています。
ペン入れツールのペンも使うことがありますが、今回は使用していません。

必要な線だけを、新規に別のレイヤーを作成し、パーツ毎に分けて描いていきます。
線画をこの時点で、パーツを分けつつレイヤーを分けてしまいます。

今回は下記の5箇所に分けました。

  • 口と鼻

パーツ分けは絵によって変わることが多いですが、必ず分けるのは上記の5つですね。

描き終わったら、各レイヤーにロックをかけて、誤って消したり描き足してしまわないようにします。

音無小鳥_線画

引き続きペイントツールSAIで描いています。
線画を描き終わったら、次に影を考えていきます。
色の塗り分けを先にしても良いのですが、全体の陰影のイメージを早くつかんでしまいたいので、先に影を考えていく方が最近では多いです。

使用するツールは筆ツール。
色はグレーで全体の影をつけていきます。
グレーの明度だけを使用して、陰影をつけていきます。

カラーパレットで、白と黒のちょうど中間になるグレーでキャラクター全体のシルエットを塗りつぶした後、
(RGB R 128 G 128 B 128 です)
もう少し黒いグレーで影をざっくり塗って行きます。
影が濃いところ(影が強く落ちるところ)から塗っていった方が陰影のコントラストがわかりやすいと思います。

音無小鳥_影付け

引き続きペイントツールSAIで描いています。

新規レイヤーにオーバーレイで色味を足していきます。
エアーブラシで、肌色から塗っていきます。

影レイヤーにクリッピングしておきます。

影が足り無いところなどを調整しながら、色を足していきます。
出来上がったら、影レイヤーと色レイヤーを2つずつコピーし、に分けます。

レイヤーに名前をつけた後、それぞれの不要な部分を削除します。
影レイヤーで不要部分の削除をすればオーバーレイのレイヤーはそのままコピーしクリッピングで大丈夫ですね。

音無小鳥-塗り分け

塗り、描き込み

影レイヤーとオーバーレイのレイヤーをパーツ毎に統合し、1枚のレイヤーにします。
その後、筆ツールで細かい部分の描き込みを行いました。
ちなみにSAIのdefaultのブラシを使っています。

グレーが強すぎたり、色味が足り無いと感じる場所は、オーバーレイや発光レイヤー、スクリーンなどの効果レイヤーを足しながら、色味を足しています。

パーツを分解したのは、理由としては
前髪と顔の影の境などが描きにくいからです。

↓ 塗りが終わった状態

音無小鳥-色塗り

描き込みは部分ごとに行っていますが、しばらく作業したら全体を1度見られるサイズに表示しておかしいところがないかチェックしています。

それと、すこし休憩を挟み、しばらく絵を見ないようにして、おかしいところがないかチェックしたりもしています。
同じ物を長時間見続けると、案外気がつかないところが色々出てしまうので…
なので、休憩は大切です!

背景、色調整、仕上げ

背景を描く

SAIには調整レイヤーの種類があまりないため、これ以降はクリップスタジオペイントで作業します。

SAI上で、PSDフォーマットで複製を保存します。
保存したファイルをクリップスタジオペイントで開きます。

ここでPSDにして、クリップスタジオペイントに持っていく時点で、発光レイヤーなど一部のレイヤー効果がおかしくなってしまいます。そのため、クリスタでファイルを開いた後、効果レイヤーはひとつずつ確認し、透明度の再調整などが必要です。

このイラストの背景は、オフィスが良いなと思っていたので、部屋の中にしてみました。
窓があって明るい感じにしました。

背景を描いたあと、ぼかしを使って遠近の演出をします。
背景はSAIで描いても良いと思いますが、クリップスタジオペイントで描く理由はブラシの種類や素材があり、便利なためです。

↓ 背景を入れた状態

音無小鳥-背景

色味の調整

背景を描きおわったら、全体の色を調整をしていきます。
イラストの統合はせず、調整レイヤーの種類毎に新規レイヤーにして、後から再度調整できるようにしています。

全体の色味を調整しながら、レイヤーごとにも色調整をしていきます。

私がよく使う調整は下記です。

  • トーンカーブ
  • グラデーションマップ
  • カラーバランス
  • レベル補正
  • レンズフィルター(Photoshopのみ)

つづいて、色味の調整の様子を見ながら、セリフやキラキラ感のエフェクトを足します。

↓ だいたいの調整が終わった状態

音無小鳥-2

作業自体はほとんどこれで終わりです。

イラストが完成したら、Webへ投稿用に、リサイズします。
Webへの投稿は、なるべく長辺が1000~1500ピクセル程度になるようにしています。
画像データは5~10メガ以下に収めたいと思っています。

なぜなら、データ量が大きすぎると、アップロードに時間がかかったりしますし、またSNS側で制限があったりします。

リサイズ後、クリップスタジオペイントからPNGかJPG、もしくはPSDで書き出しを行います。
今回はJPGで統合したイラストを保存しました。

リサイズと最終的な色調整は、個人的な慣れでPhotoshopで行っていますが、クリップスタジオペイントでも同様です。

以上で完成です。

↓ 完成したイラスト

音無小鳥-2-2

少々駆け足での紹介でしたが、こんな感じでイラストを描いています。
何かの参考になれば幸いです。

最近は、なるべくいろいろなキャラクターを描くようにしています。
一次創作になるとどうしても自分の得意なものばかりや色も好きな色で描いてしまうので…
二次創作だと、自分ではなかなか描かないような服装や髪型、色をつかったりしますので、練習と勉強になりますね。