梅雨は、雨が多く憂鬱でもありますが、アジサイの季節ですね。
青や白、紫など、クールな色合いが綺麗で癒されます。

6月にとしまえんのあじさい園であじさいの花を撮影してきましたのでレポートです。

としまえんは園内にあじさい園があります

としまえんは、東京にお住まいの方なら1度は聞いたことがあると思います。有名な遊園地ですね。
夏になると、プールも開園して、賑わうスポットです。

私は今まで来訪したことがなく、今回初めて訪れました。
休日でしたが、午前中はそれほど人も多くなく、ゆっくり撮影できました。

あじさい園は遊園地全体から見ると奥の方にありました。

入園料は1000円

入園料ですが、としまえんの入場料1000円がかかります。
としまえんの入り口で購入することが出来ます。
あじさい園は、としまえんの中にあり、あじさい園の入り口は自由に行き来できます。

(遊園地内の乗り物に乗ったり、プールにも行きたい場合は、入園料以外の別料金がかかりますのでご注意下さい。)

紫陽花の株は約150種10,000株!

あじさい園は、すこし丘になっているぶぶんがあり、坂があります。
道は細めで、1人とすれ違えるくらいです。

あじさいの株は、10000株ということですが、現地で見ても、かなり多く植えられていると思いました。
園内はちいさな小川が流れていたり、木などの向こう側に遊園地の乗り物や施設が見えました。

DPP_0001

この日は、見頃のピークを少し過ぎぐらいでしたので、終わりかけのお花も多かったですが、
それでもかなり花が咲いていました。

DPP_0008

DPP_0009

DPP_0005

一番良かったのは、奥の方で少し坂を上がったところにある白いあじさいがたくさん咲いている道です。
たくさんの人が撮影していました。

白いあじさいがまとまって咲いているのがとても素敵な風景でした。

DPP_0004

山紫陽花。野生に近い種類だと思われます。
小さくて地味ですが綺麗です。

DPP_0010

そもそもとしまえんに行ったのが初めてでしたので、新鮮でした。
個人的に思っていたよりも距離的に近くだったのと、遊園地自体が子供の頃以来行った記憶が無いので、楽しく過ごせました。

当日はコスプレのイベントも行われていたようで、園内にはコスプレイヤーの方が多くいらっしゃいました。

古いカメラでも充分撮影できます

今回使用したカメラは、前回のバラ園に引き続き私が初めて買った一眼レフカメラCanonEosKissX2です。

前回の記事にも書いていますが、2008年3月発売のかなり古いデジタル一眼レフカメラですが、Web掲載やイラストの参考にするデジタル資料には充分つかえます!

写真撮影は、資料にはもちろん使えますし、撮影技術もイラストレーターやデザイナーさんには糧になる事が多くありますので、オススメです!
撮影には体力も使いますので、運動不足も解消できますネ!

お散歩撮影にいく際のカメラ以外の持ち物

  • カメラ
  • カメラバッグやリュック
  • 帽子など日よけになるもの
  • 虫除けスプレー
  • 汗を拭くタオル、ハンカチ
  • 服装はTシャツ&ジーンズなど汚れてもよく動きやすいもので!

あじさいの時期は、梅雨で曇り空が多いですが、晴れたらとても暑いです。湿度も高いです。
汗対策や日よけなどはかならず持つと良いですね。
私は全く汗っかきではないですが、撮影などで公園などにいくと、とくに湿度が高い時期は知らず知らずのうちに汗をかいていることが多いです。

ファインダーを除く方は額や顔の汗がカメラに付着しますので、汗ふき用のタオルやハンカチは持ちましょう。
(もちろん自分の汗も拭きます)

それから、蚊や虫がかなりたくさんいます。
虫刺されに注意した方が良いので、虫除けスプレーなどは必須です。

服装ですが、こういった植物が植えられている場所は、舗装されていないところも多いです。
砂利や石になっているところや、地面が露出していますので、かならず運動靴などあるきやすい靴で行きましょう。

また、植物が近く、自然のものが多いので、汚れます。
Tシャツ&ジーンズ、チノパンなど、汚れても良いシンプルな服装がオススメです。

女性の場合、スカートやワンピース、ストールなど、ひらひらして長いものは、特に気をつけましょう。
撮影で夢中になっていると植物やいろいろなものに引っかけてしまい、穴が空いたりしていまします。
あじさいの場合、気がつかないうちに泥が付いたり水で濡れてしまったりします。
そうなると撮影するにも気分が落ちてしまい、哀しい気持ちになりますので…

カメラバッグは、現地に到着するまでにあると便利です。
カメラ(特に一眼レフ)は重たいので、首から1日中下げていると、肩が凝ったりして、頭痛になりますから、なるべくバッグやリュックを使うのがオススメです。

としまえんへのアクセス

としまえんへのアクセスは、新宿駅からはJR総武線東中野駅で乗り換え、地下鉄大江戸線です。
最寄り駅から、としまえんの入り口までは徒歩ですが、駅から3分くらいですので、すぐです。
としまえんの横には、スパ施設もありますよ。
スパ施設はとしまえんとは別の入り口で、料金も別になりますが、疲れたら休んでいくのも良いと思います。

※私が来訪した日は、としまえんの入り口でクレジットカードの勧誘をやっていましたので、ご注意下さい。

としまえんの公式Webサイトは下記より。

水と緑の遊園地 としまえん