写真撮影に、神代植物園のバラフェスタへ行ってきました。

神代植物園は、調布市にあります。京王線の調布駅、JR総武線三鷹駅からバスでのアクセスです。
深大寺のすぐ裏手にあり、植物園をみた後お寺を見てお蕎麦を食べるのも良いです。

午後に到着しましたが、天気よく、暑い日で、植物園はかなりの人出でした。

神代植物公園のバラは約400品種・5,200株!

バラ園は、植物園の温室の前にありますが、かなり大きな花壇です。
距離的に遠くないので、休日によく散歩&撮影に行きますが、とくにこのバラの時期はいつ行ってもとても見応えがあります。

お花が好きな方にはかなりオススメの撮影スポットです。
入り口からバラ園までほんの少しあるきますが、あるいている途中から薔薇の香りが漂ってきます!

DPP_0008

DPP_0013

大きな背丈を超える高さのバラや、逆に背の低い小さなバラなど、色も様々。
本当にバラと言ってもたくさんの種類があるものですね。
お花が好きな人にはたまらないと思います。

珍しい紫色や青っぽい色のバラの花もありました。

IMG_0553

また、世界の珍しい薔薇や、新種の品評会用の株もありました。
私は詳しくないのですが、かなりレアなバラの花も多いのではないでしょうか。

バラの見頃時期

バラの花は、春と秋に見頃があります。神代植物公園はこの時期にあわせて、イベントやバラフェスタが開かれたりします。
だいたいですが、毎年花の咲く時期は下記の通りですね。

  • 春の見頃 5月中旬~6月下旬
  • 秋の見頃 10月中旬~11月上旬

バラの開花時期には

早朝開園
期間中、普段より早く開園するそうです。混雑するので、早めにいけるのは嬉しいですね。

開園時間の延長
普段は17時迄(入場16時まで)ですが、18時迄に延長する日もあるそうです。

温室も見応えあり!ランやベゴニアの大輪の花

温室は、しばらく行ってなかった間に、リニューアルされていました。
ベゴニアや、ランがたくさん咲いていて、どれも大輪の花で見応えがあります!
めずらしい植物もありましたよ。

こちらは温室で撮影したお花。↓
DPP_0010

IMG_0698

スイレンの花です。ちょうど咲き始めでした。

DPP_0011

温室の横にある、シャクヤクもたくさん咲いていました。
撮影したのが夕方近くになってしまって少し光量が足りてないですが…

シャクヤクや牡丹は、植物園の正門入り口側から入ると、バラ園よりも手前に見えます。
(牡丹やダリアの畑とシャクヤクは同じ場所です。)

お散歩撮影にいく際のカメラ以外の持ち物

これから撮影したい人のために、持ち物を書いてみました。

  • カメラ
  • カメラバッグやリュック
  • 帽子など日よけになるもの
  • 虫除けスプレー
  • 汗を拭くタオル、ハンカチ
  • 服装はTシャツ&ジーンズなど汚れてもよく動きやすいもので!

春薔薇の時期は、比較的よいお天気が多いですね。
晴れたら暑い日も多いと思いますので、汗対策や日よけは必須です。

花壇は、何の花でもそうですが、蚊や虫がかなりたくさんいます。
虫刺されに注意した方が良いので、私は虫除けスプレーを必ず持っていくようにしています。
蜂やアブなど、危険な虫もいますので、気をつけましょう。
(花壇にいる蜂などは花の香りやミツで夢中になっているので、何もしなければ大丈夫なことが多いですが、気をつけるに越したことはありません)

服装ですが、こういった植物が植えられている場所は、舗装されていないところも多いです。
砂利や小石の道、地面が露出している道も多くありますので、かならず運動靴など、あるきやすくて、汚れても良い靴で行きましょう。
服装も、軽装で、Tシャツ&ジーンズ、チノパンなど、汚れても良い服装がオススメです。

バラを撮影しに行く場合、トゲに気をつけましょう。
特に女性の場合、スカートやワンピース、ストールなど、ひらひらして長いものは、トゲや葉っぱにひっかかります!
撮影で夢中になっていると、植物や作などに引っかけてしまい、穴が空いたりしますので、気をつけて下さい。

カメラバッグは、現地に到着するまでにあると便利です。現地に到着しても交換レンズなど所定の位置にあれば交換時に探さなくて便利です。
カメラ(特に一眼レフ)は重たいので、首から1日中下げていると、首や肩が凝ったりして、頭痛になりますから、なるべくバッグやリュックを使うのがオススメです。

使用したカメラ

今回使用したカメラはCanonEosKissX2です。
私が初めて買った一眼レフカメラです。
かなり古いデジタル一眼レフカメラですが(2008年3月発売なのでもう10年選手ですね)、まったく問題なく使えました。

写真撮影自体しばらくあまり行っていなかったため、カメラも押し入れにしまってあったので、カビが生えてないかとか、そもそもちゃんと動くのかが不安でしたが、全然問題なく動いて、写真も綺麗に撮れました。さすがキヤノン…!

解像度はさすがに10年前の機種なので、現行機種と比べれば小さめですが、Web掲載やイラストの参考にするデジタル資料としては充分な解像度ですので、いま使っても全く支障がありませんでした。

写真撮影は、ただ撮るだけでなく、資料や、構図や光の雰囲気などを感じられるようになるので、デザイナーさんやイラストレーターさんにもお勧めです。

公園などを散歩しながら写真を撮ると、気分転換にもなりますよ。

今回の写真は下記にまとめてあります ↓(Flickr)
暑くてあまり枚数が取れなかったですが…

20180519_神代植物公園 | Flickr

以前に撮った写真もあります↓(Flickr)よかったらご覧下さい。
今回と同じカメラで撮影しています。

2010年の春
2010_0522_神代植物園 – a set on Flickr

2009年春バラ : 20090523_神代植物園 – a set on Flickr
2009年秋バラ : 200910_神代植物園 – a set on Flickr

神代植物公園の入園料やアクセス

入園料

休園日もありますので、事前にWebサイトなどでご確認下さい。(バラフェスタ中は休園日はないと思います。)

  • 一般・大人 500円(団体割引あり)
  • 65歳以上 250円(団体割引あり)
  • 中学生 200円(都内在住・在学の中学生は無料)
  • 小学生以下無料

アクセス

混雑が予想される日は、直行バスも各駅から出ています。

京王線調布駅から
バスで吉祥寺駅行きまたは三鷹駅行き 「神代植物公園前」で下車

JR三鷹駅から・JR吉祥寺駅から
バスで調布駅北口行き 「神代植物公園前」で下車

神代植物公園のWebサイトは下記です。